fidelitatem sound のオーディオと音楽ブログ
ジャズとオーディオのニッチな世界

Audiobase2019 今年も福袋をやります

 

去年は始める前から売れてしまう商品もあり、先週もあるお客様から『やるんでしょ!!』『xxxが欲しいんだけど』などと連絡があり、まだ1月のうちですのでまあいいだろうと言うことで今年も福袋をやります。今日は 先ずSota関連を掲示します。

 

Viotti One はMarkが欧州用に心血注いだモデルで、1年前に試しに4セットだけ購入したモデルです。本格的な音ですよ。

 

昨年の暮れにCesti MBご購入頂いたJazzシン

ガー摩耶さん

 

から、その音のすばらしさを連絡頂きました。

 

普段絶対出せない料金ですので是非ご検討下さい。

 

 

 

 

 

 

画像を作成する時間が無いので今日はここまでです。明日はネイチャーコレクション関連をアップします。

ユニットもギリギリになりますがアウトレット品を出します。

 


Posted by admin on 1月 18th, 2019 :: Filed under Sota製品情報,オーディオ一般,ユニット情報

Alpair5v3 Rectanglar レクタングラーモデルその2 

そしてもう一つのレクタングルモデルです。
Alpair5v2はその軽く繊細な駆動部で沢山のファンを魅了してきました。

ただ私としては学生時代のバンドの相棒からのメッセージ、『すごくいいんだけど、ピアノ右手と左手の音色が違う気がする。』これがずっと心に引っ掛かっていました。

そこで昨年の10月MAOPに使用しているレクタングルボイスコイルを装着した試作品を日本に送ってもらい、先ずはファンの皆さんに聴いてもらおうとコイズミ無線のイベントに黙って持ち込んでご来場の皆さんに聴いてもらいました。その感想です。
第一声『これ売ってもらえますか?』『私はAlpair5v2を日頃使っていますが、これ良いですね。いくらですか?私は買います』

誇張なしでもう最高のレスポンスです。
私の立場での課題は高価なコイルをどう処理するかですが、今回はグラスファイバーフレームの変更を意識的にしませんでした。Alpair5のフレームの金型はかなり年季が入っていて、そのうちに限界がきそうですがまだまだ使えます。そこで社内のマーケティング担当マネージャーに交渉しました。『もうか金型代は償却しているんだから、今回の売値には減価償却無しでいけるよね! 入れないでよ❢❢❢』と言う訳で結果的にほとんど変わらない販売価格を保つ事が出来ました。

お勧めです。

T/Sパラメータ

  • Revc=3.40 Ohm
  • FS=94.54 Hz
  • Sd=28  cm
  • Vas=1.78 Ltr
  • Cms=1.60mm/N
  • Mmd= 1.85 g
  • Mms= 1.93 g
  • BL=2.49 T×m
  • Qms=2.30
  • Qes=0.64
  • Qts=0.50
  • L1kHz= 0.04 mH
  • L10kHz= 0.017 mH
  • No=0.21%
  • SPLo=85.45dB
  • Xmax(1way)3.5-mm
  • Max power handling = 10W (nom)

 


Posted by admin on 1月 2nd, 2019 :: Filed under Sota製品情報,オーディオ一般

10月6日8㎝クラブミーティング特別セール

10月6日(土)11:00~18:00のみの特別セールを行います。
前回のAudio Base はあっという間に無くなってしまいましたが、今回はこじんまりとしたイベントですから興味のある方は早めに来てくださいね。

下がユニットの特別料金です。

 

 

 

 

 

 

 

 

これがネーチャーコレクションの特別料金です。

 

 

 

 

 


Posted by admin on 10月 2nd, 2018 :: Filed under Sota製品情報,ユニット情報,未分類

Markaudio-Sota のドメインを変更しました。

Markaudio-Sotaのドメイン名が変更になりました。

新しいurl:www.markaudio-sota.jp

古いurl: www.markaudio-sota.co.jp

Cesti MBやTozzi one/Two をイベント会場や試聴会に持って行き音を聴いて頂くと必ず売れていたのですが5月頃からパッタリでした。なんとMarkaudioの親会社のIT部門がwww.markaudio-sota.co.jpの更新の確認を怠っていたと言う・・・・何ともあきれる話です。昨日復旧しましたのでご参照下さい。

 

 


Posted by admin on 6月 17th, 2018 :: Filed under Sota製品情報,オーディオ一般

Markaudio-Sota Tozzi Two が再入荷しました。

Tozzi Two ですが、予想以上に売れ行きが良く3月に欠品し皆様にご迷惑をおかけしましたが、5月2日のMarkaudioからの仕入が完了し入荷しました。

 

tozzi2_silvertozzi2_rose

Tozzi one/Two圧倒的に繊細なサウンドが心を捉えます。あるディーラーさんのオーナーは

「どうしてこういう斬新なデザインが浮かぶのか…私が勤めていた日本の某大手では絶対に実現しない。残念ながら…」

一番大事なそのデザインの音質効果を是非ご試聴下さい。

 

PS;5月5日の試聴会は盛況でした、たくさんのご参加有難うございました。

201805Koizumi event

 


Posted by admin on 5月 8th, 2018 :: Filed under Sota製品情報,オーディオ一般

GW5月5日はコイズミ無線で小澤先生司会のイベントです。

過日、小澤先生からご連絡を頂きました。内容はStereo誌の企画「本誌筆者によるスピーカー競作」で石田義之先生と須藤一郎先生がマークオーディのユニットを使った作品が非常に優秀なのでファンの皆様に聴いて頂く機会を企画されたらという内容でした。

 

Twinportbasicソナチネamtransそこで小澤先生にMJ2月号でお願いしたAlpair12を使ったサブウーハーの試聴と併せて5月5日の午後は子供の日に帰ってオーディオを楽サブウーハーしんで頂こうとういうイベントを行います。

 

13:00から2時間ほどをよていしており、NC11をはじめとした、ネーチャーコレクションシリーズの試聴も行いますので、お時間を作ってご参加下さい。

 

 

 


Posted by admin on 4月 24th, 2018 :: Filed under Sota製品情報,オーディオ一般

Markaudioのイベント内容 at 2018MJオーディオフェスティバル

来る3月4日秋葉原損保会館において第3回MJオーディオフェスティバルが開催されます。

 

少し遅れて参加しましたので、我々Markaudioは506号室です。
広さ23.5㎡ 3.5m (W) x 6.7m(L)ですが考えて見れば日本の一般的なリビングの広さですので、皆さんに試聴して頂くにはその見地からは適切な広さかもしれません。

時間割はこれから考えますが、イベントの内容は以下を考えています。

MJフェス_バナー【1】 Tozzi oneの3Dウーハーの驚くべき本格サウンド
MJ2月号で発表されたMarkaduio Tozzi oneと3Dウーハーのコンビネーション試聴。今回はNC5、NC7などとのコンビネーションも聴いてください。

 

 

 

 

 

【2】 Alpair7SS、Alpair7Hhybrid, Alpair11SSプロトタイプ

Alpair7PhybridSークオーディオは常に革新的な開発を進めています。一月のTokyo Audio Base で沢山の方に聞いて頂いたシングルサスペンションのモデルの試聴を行います。加えて今回は今月の入荷に数カ月前に工場に頼んでいたAlpair7PHybridVC(ボイスコイル)が送られてきましたので、3極管シングルのアンプでその優秀性、可能性を聴いてみましょう。

 

 

 

 

【3】 NC_11 やNC_10 を使ってエンクロージャーの素材による音の違いを聞いて頂きます。
NC_11

これも、TokyoAudio Base で皆さんから大変な評価を頂いたNC11、NC10を皆様のリクエストもお聞きしながら試聴します。

 


Posted by admin on 2月 26th, 2018 :: Filed under Sota製品情報,オーディオ一般,ユニット情報

2018Tokyo Audio Base(東京オーディオベース)マークオーディオの福袋! 

皆様 明けましておめでとうございます。
今年の仕事始めは2018東京オーディオベースへの出展とイベントの準備です。
正月ですからやはり福袋をやりましょうと実行委員の方から提案があり、それならばと思い切った福袋を用意しました。2018TAB_Fkbkr_fs-Viotti1_p2018TAB_Fkbkr_fs-CestiMB_p

 

 

2018TAB_Fkbkr_fs-NC10(11)mp_p13日/14日ともに同じ福袋をご用意しますが、台数は1台か2台になります。

 

 

 

2018TAB_Fkbkr_fs-NC10ma_p2018TAB_Fkbkr_fs-NC10(11)mp_p

NC7ウォールナットは2日を通じて一台限りです。
2018TAB_Fs_Fkbkr7_NC7_W-M

 

MJ2月号で評論家の先生を本気で驚かせたTozzi One。その安価で本当の音Tozzi One も思い切って何と50%Offです。
早めにおいで下さい。

 

 

 
2018TAB_Fkbkr_fs-NC7mp_p2018TAB_Fkbkr_fs-Tozzi1_p

 

 

 

 


Posted by admin on 1月 10th, 2018 :: Filed under Sota製品情報,オーディオ一般,ユニット情報

Amtrans でのイベント

2017真空管オーディオフェアの期間、アムトランスさんのご厚意でアムトランスの試聴会をおこないました。石田善之先生をお招きして、Alpair10MAOPを使ったダブルバスレフシステムの試聴など楽しいイベントでした。沢山の方のご来店有難うございました。

草薙社長は最後までご試聴頂き、最後に『Markaudioの素性のすばらしさが本当に良く判ったよ!』『八千代市は田舎だからここを試聴室にしなさい』と言って頂きました。
思えば半年前ちょっと聴いて頂こうとNC5を持ち込んだところ、励磁の様なニュアンスの細かい音がすると。

私は長期にわたりは流行廃りに負けない事業を続けるには本当に音楽とオーディオ好きのネットワークを作りたいと思っています。その意味で望外の先輩の協力を得ることができました。年末セールを行っています。是非試聴、購入をアムトランスで!

amtrans MrIshida


Posted by admin on 12月 29th, 2017 :: Filed under Sota製品情報,オーディオ一般,未分類

必見石田 善之先生の試聴対談(アムトランス試聴室)(改定)

コイズミ無線での試聴会有難うございました。炭山先生のアコサスの箱何の変哲もないのに純度が高い良い作品と思いました。またMarkaudioの新しい試作品も熱のこもった意見交換に炭山先生も初めての経験と言うことで驚いていました。

Markaudioは聴いて頂いて違いがわかるという事で今度の開催予定です。

先ずはアムトランスさんのご厚意で真空管オーディオフェアの間、アムトランス秋葉原試聴室(http://www.amtrans.jp/)で10月8日、9日の2日間試聴会を開催します。10月8日(日)Markaudioの今後の開発についてプロトタイプのモデル解説します、 10月9日は石田先生のAlpair10v2MAOPを使用した作品を聴きながらの試聴会になります。

本日最終的な内容が以下の様に確定しました。

 

10月8日(日) 2:00PM ~   3:30PM ~ の2回

前半 Cesti MB Tozzi two の試聴

後半 ネーチャーコレクション NC10、NC7、NC5の試聴
・ Markaudioのプロトタイプドライバーの試聴
・ MAOP11 (Pluvia11 のMAOPモデル)

・ Alpair5 スペシャルボイスコイル(純銅とアルミ蒸着の2種類のハイブリッドワイヤー)

10月9日(月) 2:00PM~ マークオーディオの製品試聴会

3:30PM~ 解説:石田義之先生

石田先生のAlpair10v2MAOPを使用した新作をメインに対話を致します。

マークが来日を急きょ予定しておりましたが、最後までスケジュールの調整がつかずに来年1月に来日する事になりました。ご期待に沿えず申し訳ございません。。

イベント外の時間もシリーズ全般にいつでも試聴が出来ます。愛用のCDを持って是非お出かけください。

次は来年一月にオーディオベースに出店します。

 

 

 


Posted by admin on 10月 1st, 2017 :: Filed under Sota製品情報,オーディオ一般,ユニット情報