fidelitatem sound のオーディオと音楽ブログ
ジャズとオーディオのニッチな世界

大変お待たせしました。 7月21日(水)MAOP_5が ようやく日本に到着します。

大変お待たせしました。ようやくMAOP_5が到着し7月21日には入庫になります。

MAOPの処理プロセスは何度か空輸されるため(中国では加工技術がないので)、コロナの影響がおおきく2カ月程製造が遅くなりました。

またマホガニー無垢材のNC5が7ペアウォールナット無垢材を10ペア製造しまたので、ご希望の方はディーラー各社にお問い合わせください。


Posted by admin on 7月 20th, 2021 :: Filed under オーディオ一般,ユニット情報,未分類,近況

マイカコーンCHN50P試聴記

 2カ月程前、2020MOOK表彰式でマークオーディオ賞を受賞された青木氏(以下親しみを込め青木さんと呼ばせて頂きます)に弊社試聴室へご訪問頂き受賞作品を聴きながらのああのこうのオーディオ好きの談議を楽しみました。

実は青木さん理学博士の称号をお持ちで、オーディオ談議と言うよりはスピーカーの位相について資料まで用意されて教えて頂いています。先日はSmith Chartでスピーカーのインピーダンスとアンプの出力インピーダンスの合わせ方など教えて頂いています。

『青木さんところで今日は秘密の試作ユニットがあります。せっかくですから(写真の)作品に付けてみませんか?』と切り出してみましたが、取り付け方が特殊で急には変更できないので、貸出としてご自宅にお持ちいただきました。

それなりのその視聴レポートが届いています。色々な音楽ソースをトライして頂いていて、ユニットの特徴が解り易いのでお願いして公開させて頂きます。是非ご一読ください。

2021年4月11日

         試聴報告

 お貸しいただいている 4cmマイカドライバ・ユニットの試聴をしています。聴きながらのレポートです。

 MarkAudio賞をいただいたエンクロージャー:Traveling Wave 5 (TW5) にマイカユニットを取り付けました。コンテストのレギュレーションユニット:OM-MF4と外径が同一ですから、載せ替えは簡単。OM-MF4がメタリック・グレイなのに対し、Micaは薄ベージュのおとなしい色です。よく見ると、Micaのキラキラがあります。クラシック調で、自分の趣味です。

 音を出します。丁度、FM放送ではトーク番組中でした。人の声がとても自然です。”サ行“が変にシャカシャカすることなく、男声の低音が重たく響くこともありません。まあ、このくらいはMarkAudioなら当たり前、という予想通り。能率はOM-MF4よりは若干高そうです。84-86dBくらいかな。

 次に、音楽を幾つか。クラシックで恐縮。

 先ず、チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲。五嶋龍のヴァイオリンで聴きます。第1楽章冒頭から弦が綺麗に伸びています。気持ちがいい。独奏ヴァイオリンが入ります。いい音です。とても伸びやかです。音としては、極めて歪みが少ないのでしょう。キーキーすることが全くありません。音が綺麗です。第1楽章後半のカデンツァ。物凄い弱音の高音部分があるんですが、聴いている自分も思わず息を殺してしまうほどの静寂感。実は、この最弱音部は大口径スピーカーが得意とするところですが、4cmユニットがここまでできるとは・・・。この時点でOM-MF4よりMicaが勝っています。 第2楽章は緩徐楽章で弱音です。独奏ヴァイオリンはミュートを付けて演奏します。弦楽器の低音のピチカート、ちゃんと聞こえます。小型スピーカーでは聴き取れないくらいの音になるものが多いのですが、Micaユニットでは、ちゃんと聞こえます。しかもとてもセクシーなんです。ピチカートのセクシーさも大口径スピーカーの専売みたいなものですが、Micaできてます。(OM-MF4もできています。) 第3楽章は華やかなところ。ここではオーケストラがいいですね。各楽器の音もそれぞれ綺麗です。金管が音割れすることも全くなし。曲が終わって深呼吸したくなる満足感です。

 次にバッハのパルティータを聴きます。フィデリティムの視聴室にもあるマリア・ジョアン・ピリスの演奏。ピアノの演奏。この曲は静かな曲で、強打音がありませんが、ピアノのしっとりとした余韻の響きが曲全体で途切れることなく続きます。この響きの優しいこと。最高ですね。ここでも音が綺麗です。OM-MF4よりも高音が伸びている感じです。

 次に、同じくバッハのリコーダソナタを聴きます。リコーダはミカラ・ペトリ。チェンバロはあのキース・ジャレットです。キースの弾くチェンバロ、いいですね。チェンバロの音は高調波がたくさん含まれるのですが、きちんと歪まずに鳴らしています。変にチンチンすることが全くありません。ペトリのリコーダも綺麗。リコーダの音域はユニットの優劣が出にくい音域ですが、ここでは安心して聴けます。何と言ってもリコーダの音でも聴き疲れしません。リコーダの高音って、耳に残ってしまうのですが、Micaではそういう感じがありません。音がとても伸びやかです。

 次はピアノ。鍵盤楽器というより打楽器のピアノの打音には高調波がたくさん含まれるので、ユニットの良し悪しがはっきり出ます。川崎翔子の弾くベートーヴェンのワルトシュタイン・ソナタを聴きます。冒頭の小刻みな連符。ゾクゾクします。低音がよく聴こえます。左手の重い響きの音の厚みがとてもリアルです。もともと川崎さんは左手の音が強靭で、リストなどではとてもドラマチックな音楽を作ります。彼女の音の強さがこのMicaユニットだととてもよくわかります。高音も綺麗です。歪が全くありません。実はこの演奏で使っているピアノは日本に最初にピアノを持ち込んだというクロイツァーのピアノの復刻ピアノです。スタインウェイにはない土臭さがあって趣がある音です。Micaに限らずMark Audioのユニットには*****のような高音のクセがなくて自然な感じがいいです。 ・・・・うん、これ、凄いユニットです!

 では、ということで、ピアノをもう一つ。ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番。反田恭平のピアノで。冒頭のゆっくりクレッシェンドする低音。うん、これだ! いい感じです。オーケストラの重めの弦の響きもいいです。いやー。このユニット凄いです。(TW5との相性がいいのかもしれません。) ここまでくると、何か新しいスピーカーの時代の幕開けに自分が立ち会っているような興奮を感じています。  チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番。アレクシス・ワイセンベルクのピアノで。1970年の古い録音です。ワイセンベルクの“ため”が凄い。流石のカラヤンも合わせきれないのですが、微

妙な拍のズレが凄い緊張感を生んでいます。この演奏、オーケストラも加わった強音時にはピアノの音が割れ気味になるのですが、このユニットで聴くと全然違います。某社のユニットだと爆発音のようになってしまう事があるのですが、Micaユニットだと、ピアノの音とオーケストラの音がきちんと聞き分けられます。

 では、声楽はどうか。鮫島有美子の歌う「さとうきび畑」。もともと綺麗な声の歌手ですが、とてもいいです。ビブラート、息づかい、・・・いいですね。声がまろやかです。私はクラシックが好きですが、声楽は殆ど聴きません。ベルカントだかドイツ唱法だかが好きになれません。秋川雅史の「千の風になって」なんて、止めてくれ、と言いたいくらい。でも鮫島由美子の歌はいいですね。ユニット評から脱線しましたが、このユニットは声がとても自然ですね。これもMarkAudioの特長ですね。

 次は長岡鉄男の挙げた優秀録音盤、武満徹「カシオペア」。小澤征爾指揮日本フィル、パーカッションはツトムヤマシタ。パーカッションとオーケストラの曲です。ドラムの音がズンと響かなくちゃ面白くないのですが、Mica頑張っています。流石にこういう曲は大口径に比べる訳にいきませんが、私の6畳の小部屋で聴く分には全く問題ありません。低音もボワボワせず、はっきりした低音、打音です。

 クラシックばかりでは中島さんに伝わらないでしょうから、ジャズを幾つか。

 Claire Martin – Trav’llin’ Light。昨年のコンテストの試聴曲。私にはジャズだと何がどういいかって表現できないのですが、低音がしっかり出ていて、ヴォーカルが綺麗です。

 同じ曲をJacinthaで。彼女の空気のような漂う声がうっとりさせてくれます。トランペット、ベース、ドラム、ピアノ、それぞれがそれぞれの空気を作っている感じがいいです。ユニット評になっていませんね。同じJacinthaのアルバムからMoon River。これもまさに空気のような歌声。語尾のtの音の残り香のようなセクシーさ。いいですね。中間部のピアノの強打音のアタックもしっかり聴かせてくれます。

 HiromiのSpark。冒頭のピアノのさざめくような弱音が綺麗です。途中からドラムが加わって曲調一変、ドラムとピアノの掛け合いでもきちんとそれぞれの音がぶつかりながらも全く崩れていません。

 Bill Evans Trio, Waltz for Debby。ここでも、いいね、ですが、後半のベースのソロ部分では、今まで聞こえなかったような雑音の様な音が入っているのが聞こえます。(特にTake1) このユニット、結構低音まで再生していますよ。低音がたっぷりしています。音の派手さはありません。とても真面目な音です。

 本当に低音が出ているのか? 正弦波形を入れてみると、40Hzを再生しています。びっくり。35Hzも5~10dB近く落ちているように聞こえますが再生できています。ひっくり返っていません。(倍音振動していることもありません。)4cmでこの低音は凄いです。

 最後に John Lewis のバッハ「平均律クラヴィア曲集」を聴きます。全4枚のCDですが、フーガ第8番。(前奏曲とフーカが交互に並ぶこの曲集、前奏曲はJohn Lewisのピアノ独奏による正調演奏、フーガはMJQのJazz演奏です。)ベースの低音が気持ちいいですね。その上をピアノの音が流れていく感じ。BGMに最高。

 もう1曲。最後にオーケストラの大曲。マーラーの交響曲第5番。エリアフ・インバル指揮フランクフルト交響楽団で。冒頭のトランペットの虚無感。第2楽章の嵐のような音のうねり。有名なアダージョ楽章の哀愁。4cmでオーケストラが聴けるなんて。しかもこれだけの表現力。隣に置いているSuper Swanといい勝負です。全体の音のバランスではSuperSwan+Pluvia7HDに軍配が上がりますが、低音の絞まり、高音のキレではTW5+Micaですね。こうなると、デザイン的に悪いSuper Swanを手放してもいいくらいですね。(いやいやSuper Swanは私にとってのリファレンススピーカーなので手放しはしません。)

 すばらしいユニットです。このユニットなら、どんなエンクロージャーでも鳴ってくれそうですね。TW5のようなバックロード(中島さんによるとトランスミッション型ですか?)でなくても、普通のバスレフでもいいでしょうね。インピーダンスによっては 2個使いできそうですね。しかも10倍の値段のユニットと遜色ない音で。

以下省略

青木芳雄


Posted by admin on 7月 17th, 2021 :: Filed under オーディオ一般,ユニット情報,未分類,音楽
Tags ::

CHN50P(マイカ混紡コーン)とTozzi one kitのセット がステレオサウンドオンラインから発売開始です。ご存じですか?

実は長野県松本市の近郊にフィディリティムサウンドの加工施設を計画しておりその準備作業が大変で、仕事の糧でもあるブログもホームページも更新できず大変申し訳なく思っております。

まだ完成には道半ばですがとりあえず一段落しましたので、しばらくは新しい情報を発信する様にしますので、みなさん時々クリックして見てください(昨日、ホームページのCHR120,CHR90、NC9Kitの情報をアップデートしました)

先ずは上の写真をご覧ください。これがそのマイカ混紡パルプコーンです。コーンの表面にマイカが光って見えます。MMD(駆動部質量)1.6gですのでコーンだけで0.3g軽くなっています。ギターの箱なり、ピアノのペダルやハンマーの付帯音など明らかにリアルでマークオーディオに新しい魅力の光を放つであろう事を予感させます。

新先生が企画して頂いた『フルレンジユニットをDIY箱で楽しむ』シリーズでPluvia7、Alpair7MS、Alpair11MS、CHR120,と本当に最高の評価を頂いた関係で編集部をご訪問した関係で、Tozzi one kitを編輯長に聞いて頂く機会があり、キットのボディーを随分評価いただき、であればStereo Sound Shopで特別モデルを企画しましょうと言う事になりました。Tozzi one のボデーはMarkaduoのユニットに多く使われている強化ポリマーを冷却変形を考慮するとほぼ限界のサイズの箱で形成されています。

このマイカユニットは、試作中であったものですが、もう少し大きなサイズで販売する予定にしているのですが、先行してステレオサウンドにご提供させて頂くことにしました。

ステレオサウンドオンライン:https://www.stereosound-store.jp/fs/ssstore/tk100_mhc2
何だかたどり着き難いのでご興味のある方は上のURLから直接入ってください。

次回は、昨年のステレオ誌第11回スピーカーコンテスト(https://www.youtube.com/watch?v=WaumcqUiFf4&t=345s)でマークオーディオ賞を受賞された青木 芳雄さん(理学博士)にマイカコーンのCHN40(仮称)を試聴頂きました。次回はそのレポートをお伝えします。


Posted by admin on 7月 11th, 2021 :: Filed under 未分類
Tags :: , ,

NC5Hウォールナット製造完了 さらに限定無垢マホガニーモデルを加えて販売開始

本年3月にNC5Hが完売となり購入を希望されていた方にはご迷惑をおかけしましたが、新しい木工工場が決まりしかも最高レベルの経験を持つ長野県松本市のパートナーと契約する事が出来ました。
松本市は木工技術のメッカで製品品質がさらにアップグレードしました。

特別に今回は特別にマホガニー仕様を発売します。この地区は木工関連の企業が互いに連携してビジネスを行っており、今回のNC5HのCNCカッティングは楽器工場にお願いしていますが、現地で製造工程を何度か打ち合わせを行う中で貴重な楽器用のマホガニー材(アフリカン)が手に入りる事になりました。今回使用するマホガニーは、この👉https://www.deviser.co.jp/products/duke-masterハンドクラフトギターで使用されている材で、社長ご自身の目で確かめて丸太ごと仕入れ乾燥保管され材料の一部を譲って頂くことができました。そのNC5Hマホガニーはこれです。

試聴室で聴いた私の印象は、スピーカーの存在が消え倍音、間接音が良く聞こえるイメージです。アコギやチェンバロの弦のうなりや箱鳴りが何とも言えない表現で再生されます。モノサスペンションとのコンビネーションは素晴らしいと思います。

スピーカー甲子園で活躍した元大学オーディオ研出身者が遊びに来て、『私はこれが好きです』と言っていました

NC5HマホガニーはMAOP付で129,000円(118,000円税別)、Alpair5v3 付で114,950円(104,500円税別)になります。


さらにNC5ウォールナット仕様は10ペア製作しました。実はウォールナットの原材料は相場が1.5倍に跳ね上がっており、販売料金を現行93,5000円(85,000円税別)を104,500円(95,000円税別)に変更させて頂きます。材料費比率が40%程度ですので何とかこの料金を維持したいと思います。

購入ご希望の方は販売店もしくは直接お問い合わせ下さい。MAOP5がご希望の場合は来月末発送に(製造状況は週明けにMarkaudioにZoomで確認予定)、Alpair5v3使用は2週間内に発送になります。


Posted by admin on 6月 27th, 2021 :: Filed under オーディオ一般,ユニット情報,未分類

スイッチング電源をぶっ潰せ!Hand wound 定電圧電源PT70EI

最初から脱線しますが、今回は『ベートーヴェンをぶっ飛ばせ』をもじって『スイッチング電源をぶっ潰せ』とタイトルしましたので、まずはこの名曲から、この曲ご存じですか?私の中ではチャックベリーとマウンテンと言うバンドの演奏が最高です。

特にマウンテンと言うロックバンドのレスリー・ウェストと言う巨漢ギタリストのイントロそしてアドリブはもう本当にぶっ飛ばせと言う圧倒的なかっこよさです。ちょっとググってみたらありました。演奏が聴けます。 
http://chunichieizo-tachi.blog.jp/archives/26992144.html

どうですかこの猛烈なドライブ感ロックンロールの超重量級のアドリブです!

そろそろ話を戻して、半年ほど前から販売していますリニアトランス電源の評判が上々です。毎月輸入していますが、販売に追いつきません。以前から訴え続けているように、電源は地味ですが非常に重要です。フィディリティムサウンドの試聴室の常連の皆さまはIT1000WCと言うアイソレーショントランスを購入されています。

こうした電源に対する姿勢と対極にある考え方にはPCスタイルのスイッチング電源があり、それは現代のデジタルオーディオ界を席巻していると言っても良いでしょう。私としては「何とももったいない事をしてるんだろう」と常々感じられる現象です。そこでKennth Wongにお願いして手巻きのEIコアを使用した独立定電圧電源PT70EIを開発しました(ブログでも公開しました)


47研のアクティブアンプ用に開発したのですが最近では様々なDACやアンプにまで使われています。Markaudioファンのお客様からインプレを頂きましたのでご紹介します。

Fidelitatem-sound 中島紀夫 様

お世話になります。ケネスさんの手巻きのEIトランス、先日無事に届きました。小さいものですが重く、美しい造りで高級感がありますね。出力が二系統もあることは知りませんでした。付属のケ-ブルも質が良さそうです。

CDプレーヤーは47研のIZUMIを愛用していますが、気分転換にそのデジタル出力を利用して真空管出力のDACも聴いています。DACの音も好きですが、スイッチング電源のためラジオの音がノイズで汚れることがずっと気になっており、CDの再生にも良くないことが分かっていました

つい最近ステレオ誌に本機のことが載っていたので(相変わらず廉価で)、関心を持ちました。今はスイッチング電源が当たり前ですが、これをアナログに交換したくても価格の壁がありますし、その前に希望の出力値が得られないことがネックになりますね。その点本機は安価で、出力も12ボルトから20数ボルトまで希望に合わせてもらえるので、非常に良いです

肝心の音ですが、とても気に入りました。長年気になっていたノイズから解放され、DAC本来の音にたどり着いた気がします。開放的で抜けの良い状態、必要なところでは適度な粘りも発揮してくれるようです。エイジングが進めばさらに良くなるでしょう。これからが楽しみです。

数ヶ月前に導入したケネスさんの手巻きのアイソレ-ショントランスも好調です。きれいな電源が得られると、精神的にも良いですね。DACの他にも交換可能な箇所がないか探したくなりますね。

皆さん。是非ご購入をと話を締めたいのですが、仕入れが間に合わない状況です。ご理解をお願いします。


Posted by admin on 12月 19th, 2020 :: Filed under オーディオ一般,未分類,音楽

Markaudio CHR120 CHR90 新登場 (まずはCHR120から)

久しぶりにCHRシリーズにニューモデルが2種類発表されました。

CHR120 / CHR90 の2モデルです。色はCHR伝統のシャンペインゴールドとシルバーの2種類です。来週Markaudioの工場から出荷されます。

CHR120はMarkaudioで最大の120㎜径コーンサイズで6年前に発売したAlpoair12Gen1の経験に新しいコーン、コイル、サスペンションを設計して本格的な音質を求めています。

下のT/Sの様にFoが34Hz と言う低域への挑戦したモデルで、Dr. Scottの設計では、バスレフでFb31Hz、F6(-6dBで再生される周波数)は何と26Hz です。
Vas が59Ltrと比較的大きなエンクロージャー用に設計され、Xmaxは何と9㎜というダイナミックな数値です。

・Revc=7.20 Ohm ・Fo= 34.24 Hz ・Vas= 58.89 L ・Mmd= 10.11 g 
・Mms= 11.13 g ・Qes= 0.44 ・Qts= 0.37 ・SPLo= 89.31 dB 
・Power= 50 watts (nom) ・X max= 9mm (1 way) 

先ずはフィディリティムサウンド試聴室の約35Ltrのトールボーイで試聴です。

第一印象は何だ?旧Alpair12 よりずっとミュージカルでバランス感のある音じゃないか!スピーカーの存在が消えると言うのが第1印象です。
値段もこれから計算しますが、一万円ちょっと/ユニットを目標にしています。とは思えない出来上がりです。Vasが56ですからバスレフでも25Ltrは合った方が良いでしょう。

バランスが良いユニットであり、インピーダンスの上昇も秀逸で、お勧めです。

CHR90はMarkaudioで初めてのサイズですので、これからエンクロージャーを加工装着して試聴します。近いうちにレポートしますので期待してください。

ちょっとだけ写真を載せておきます

Posted by admin on 11月 20th, 2020 :: Filed under ユニット情報,未分類

10月31日 音楽之友社×マークオーディオ×共立電子 共催リモートオーディオイベントを開催します。

マークオーディオファンの皆様久しぶりのイベントです。来る10月31日(土) 14:00~15:30表記の3社によるZoom イベントを開催します。
参加費無料ですので下のURLからくぐって振るって申し込み下さい。

http://blog.livedoor.jp/kyohritsu/archives/55087039.html
リモート開催(使用ソフト):Zoom

マークオーディオのパートではパワーポイントを使って音楽の再生の基本概念とマークオーディオのコンセプトをできるだけ解りやすく説明をします。

音を聴くのが勿論一番良いですが、スピーカークラフトをエンジョイする皆さんには結構面白い内容になると思います。こんな話から始めて

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 3rd-distortion.jpg
こんな話にたどり着きます。

資料は、英国の物理学者ジョンパウエル博士著「響きの科楽」から音の再生に重要なポイントを説明し、その重要なファクターをマークオーディオのドライバー設計思想ロングストローク・ライトウェイト・ハイコンプライアンスがどれくらい理論にマッチしているかをパワーポイントを使用して説明します。

再生音を聴いて頂くイベントも良いですが、じっくりスピーカーユニットの考え方を議論するのも面白いと思いますしスピーカークラフトに絶対役に立ちます。

このページがその一部です雰囲気だけ感じてください。

また、マークフェンロン氏が説明するシングルサスペンションの考え方も時間があればビデオを使って説明できるかもしれません。

是非ご参加下さい。


Posted by admin on 10月 17th, 2020 :: Filed under オーディオ一般,未分類

マークオーディオ賞     塚田氏大谷石スピーカー 

第10回自作スピーカーコンテスト(OM-MF519)でマークオーディオ賞受賞作品『大谷石スピーカー 後面開放+』を製作者である塚田氏からお借りしてStaying Home の時間を利用してジックリそのサウンドを試聴してみました。

このモデルとの出会いは音楽之友社試聴室で行われた2次選考の場ですが、最初は沢山の参加者の力作の中であまり目立たぬ作品でした。

特に今年の参加者の作品は総じてレベルが高く、選定に迷うところがありましたが、方針としては小型で個性が光る作品をマークオーディオ賞に推薦しようと考えていました。例を言えばテクニカルマスターの尾崎さん、一般一位の安福さんの音質バランスはプロ顔負けで文句なく素晴らしく各受賞にふさわしい仕上がりと内容でした。それはそれとして、前述の小型で個性的と言う見地からの選択となった時に、迷わずにこの大谷石スピーカーを選ぶことにしました。

            フロントバッフルは大谷石を切り出して使用しています。ダンピングファクターが高く軽く柔らかい凝灰岩は非常に魅力的な素材と感じました。こうした新素材への挑戦はこうしたコンテストでは本来評価が高くあるべきでしょう。


さらに後ろからのスナップショットです。
まさに後面開放です。この状態と加増をよく見ると4か所に穴がありますがここにバックパネルを取り付けるとリアバスレフに変身します。

実は選考会では、後面開放にしたところすぐに『低域が無いね』と言う意見がありすぐに バスレフ仕様に変更すると、評論家諸氏は『あぁこれの方がずっと良い』となって後面開放は直ぐに試聴が終わってしまいました。

私の本音はこの作品は バスレフで聴いてもあまり魅力を感じることはありません。バスレフのチューニングも容積の最適化も側板の強度も追い込めば随分変わるであろうという印象ですし、バスレフにしてしまうと良さが無くなってしまいます。

対して後面開放での中域は一瞬で再生音の違いを感じます。アタックの速さ強弱の表現、残音の響き、リリースの表現。『おっ』と思います。

今回お借りしてじっくり聞いてこの利点は賞に値するレベルと改めて感じました。何と言ってもジャズギター、ブルースギターの音は普通のスピーカーシステムと全く違う表現力でジムホールとロンカーターのDuo(Alone Together)のギター表現は圧倒的です。残念ながら、ロンカーのベースはピッコロベースかマイクロベースといったところですが。(要するに低音は出ませんので、レガシーオーディオの評価では規格外なのでしょうね)

今回ジックリ聴き込んで改めてこの音は小生の学生時代放課後の教室で鳴らしたGibsonやFender のツインリバーブの音を何度も思い出させてもらいました。そうですマークオーディオ賞に推した理由は『長年オーディオに親しんだ方が、メロディー楽器の音色表現に焦点を絞って音楽を楽しむ』と言うのは本当にツウでベテランだから出来る洒落た技と感じたからです。ですから私には、バスレフ変換用のアタッチメントは不要で蛇足と思います。

いやそれにしてもCHN519 (OM-MF519 )のサスペンションの柔らかさを再生する方法としては一つの考え方ですね。

おまけ

オーディオ界の中には周波数特性こそと言う考えがまだまだ主流ですが、音楽の表現で絶対に耳で確認しないといけない特性は音の鮮度とADSRの時間を加えた音楽表現が出来ているかと言う部分は余り主張する方は見受けられません。今回は理論を説明すると面倒なので下のYouTubeで音の違いを実感して下さい。アタック(A)サステイン(S)、リリース(R)がいかに重要かわかります。


Posted by admin on 5月 6th, 2020 :: Filed under 未分類

危機の時(ブログ番外編)

皆様、COViD19の蔓延が大変な時期になりましたね。

押谷先生をリーダーにした対策実行チームの経験と努力が今の日本を見事にリードしていますね。私な対策チームにはマネージメント力・判断力に強い感謝の気持ちを感じています。

メンバーの表情をテレビで見ているとほとんどまともに寝ていないであろうと思われ、ギリギリの中で待ったなしの決断とドライブする姿は、優秀さだけでなく経験とバランス力にを感じます。

何がおきて、何が危なくて、課題がこれだから日本の文化の中でこの方向が今はベストだと言うこのチームの指針は他の国の状況と比較すればいかにこのチームが日本を守っているかを明確に証明しています。

ニューヨークの日系米国在住のかたの日本批判や、ロンドンの某医者さんの断定的な日本の対策はダメだ発言をNHKが流していましたが、このチームがドライブする収束の方法は裏付けがアップデートされて打数のベクトルら本当に良く考えた指導と私は強く感じています。

とは言え、対して厚生労働省の責任者のリーダーシップの無さは又日本人の情けない現実を感じます。何故このチームがのメンバーが東京都に伝えに向かったかは、経済とのバランスで決断できないトップに、何も言えずに大臣室から戻る大臣の姿が映ってきます。

西村さんの同僚からのアドバイス『一つのデータが国民10万人の命に係わる。その覚悟でやれ』と言う気概で考え抜いて提出した呼びかけを上司がビビッても説得出来なくて何が責任者だと私は勝手に思っています。だから小池さんがやたら目立ったんだよね。

PCRの検査量と医療の体制整備は待ったなしなので、今度はちゃんと対応をお願いしますね!

Duo5Activeの話を予定していましたが、近日中に投稿します。

 

 

 

 

 


Posted by admin on 4月 18th, 2020 :: Filed under 未分類

2種類のディスクリートアクティブスピーカー と特性トランス電源

今週末のオーディオベースのハイライトです。
先ずは先日ブログで公開したTozzi one Kit Activeです。
そして完成品としてNC5DuoActivie を公開します。

詳細は下のJPEGデータをクリックして下さい。
特に今回はスイッチング電源と手巻きトランス電源との比較試聴を
します。47研究所とMarkaudioのコンビネーションが如何に高いレベルにあるかを是非体験して頂きたい。頑張ればこの値段でこの音が再生できるんだと言う証明です。またこのトランス電源は3V-30VDCを事前に調整可能になっておりアウトプットコネクターを使用した出力ケーブルを自作されればデジタルアンプなどにも使用可能で2万円前後を予定しています。

 

 

 

 

もう1つ忘れてはいけないNC5H_Walnutもまた同じドライバーユニットながらテイストの違う最高の音を再生します。是非ご試聴お願いします。

 


Posted by admin on 1月 29th, 2020 :: Filed under オーディオ一般,ユニット情報,未分類