fidelitatem sound のオーディオと音楽ブログ
ジャズとオーディオのニッチな世界

Alpair5v3SSのとても解りやすいい説明とエンクロージャーキットの製作(電子工作マガジン)

先日、共立電子工業の小椋様から電子工作マガジンの春号が事務所に送られてきました。
昨年から共立さんとは本格的にお取引を始めさせて頂き、イベントの開催でご訪問していますが、ショップにはありとあらゆる工作部品が置かれ自作ファンの心を掴んでいます、フィギア侵略以前の秋葉原の雰囲気がお店の中に漂っており、個人的にも応援したいなと思います。

この電子工作マガジンに『マークオーディオ製ユニットで高性能スピーカーを作る』という小椋氏が寄稿された記事が載っていましたのでご紹介します。協立電子製エンクロージャーの製作の記事ですがAlpair5v3SSの説明がシンプルで実に解りやすく解説されているので、許可を頂いて掲載する事にしました。

スピーカーは電気入力信号を機械的動作への変換機ですが、実はダンパーはボイスコイルの動きを阻害しているとも言えるのです。

磁性流体は液体でAlpair5v1で使用していました。陸上を歩く時とプールの中を歩く抵抗感を思い出して頂くとピストン動作を阻害する要素だと解りますね。



四角い銅線をRectangular wire と言います。






















マークオーディオ製STBP25バスレフポートも採用して頂いてます。





長さを調整し終わたら接着材が塗布されたプチルゴムで巻くと音質向上につながります。







ステップ11でねじを絶対に締めすぎないで下さい。ABS樹脂製のフレームですので、絶対にゆがまない様にして下さい。ボイスコイルの角度が変形すると歪みます。










ワトコは私はイギリス製を使っていますが家具用の高品質油です。3~4回は重ね塗りをして、一年に一度位はまた塗ってあげると飴色に美しくなります。
















エージング
エージングは音域全般に1週間ほどで立体感が表現されます。

さらに100時間も鳴らすと低域のボリューム感が圧倒的に変わります。柔らかいユニットですので爆音は絶対に避けて下さいね。


Posted by admin on 5月 31st, 2020 :: Filed under オーディオ一般,ユニット情報

マークオーディオ賞     塚田氏大谷石スピーカー 

第10回自作スピーカーコンテスト(OM-MF519)でマークオーディオ賞受賞作品『大谷石スピーカー 後面開放+』を製作者である塚田氏からお借りしてStaying Home の時間を利用してジックリそのサウンドを試聴してみました。

このモデルとの出会いは音楽之友社試聴室で行われた2次選考の場ですが、最初は沢山の参加者の力作の中であまり目立たぬ作品でした。

特に今年の参加者の作品は総じてレベルが高く、選定に迷うところがありましたが、方針としては小型で個性が光る作品をマークオーディオ賞に推薦しようと考えていました。例を言えばテクニカルマスターの尾崎さん、一般一位の安福さんの音質バランスはプロ顔負けで文句なく素晴らしく各受賞にふさわしい仕上がりと内容でした。それはそれとして、前述の小型で個性的と言う見地からの選択となった時に、迷わずにこの大谷石スピーカーを選ぶことにしました。

            フロントバッフルは大谷石を切り出して使用しています。ダンピングファクターが高く軽く柔らかい凝灰岩は非常に魅力的な素材と感じました。こうした新素材への挑戦はこうしたコンテストでは本来評価が高くあるべきでしょう。


さらに後ろからのスナップショットです。
まさに後面開放です。この状態と加増をよく見ると4か所に穴がありますがここにバックパネルを取り付けるとリアバスレフに変身します。

実は選考会では、後面開放にしたところすぐに『低域が無いね』と言う意見がありすぐに バスレフ仕様に変更すると、評論家諸氏は『あぁこれの方がずっと良い』となって後面開放は直ぐに試聴が終わってしまいました。

私の本音はこの作品は バスレフで聴いてもあまり魅力を感じることはありません。バスレフのチューニングも容積の最適化も側板の強度も追い込めば随分変わるであろうという印象ですし、バスレフにしてしまうと良さが無くなってしまいます。

対して後面開放での中域は一瞬で再生音の違いを感じます。アタックの速さ強弱の表現、残音の響き、リリースの表現。『おっ』と思います。

今回お借りしてじっくり聞いてこの利点は賞に値するレベルと改めて感じました。何と言ってもジャズギター、ブルースギターの音は普通のスピーカーシステムと全く違う表現力でジムホールとロンカーターのDuo(Alone Together)のギター表現は圧倒的です。残念ながら、ロンカーのベースはピッコロベースかマイクロベースといったところですが。(要するに低音は出ませんので、レガシーオーディオの評価では規格外なのでしょうね)

今回ジックリ聴き込んで改めてこの音は小生の学生時代放課後の教室で鳴らしたGibsonやFender のツインリバーブの音を何度も思い出させてもらいました。そうですマークオーディオ賞に推した理由は『長年オーディオに親しんだ方が、メロディー楽器の音色表現に焦点を絞って音楽を楽しむ』と言うのは本当にツウでベテランだから出来る洒落た技と感じたからです。ですから私には、バスレフ変換用のアタッチメントは不要で蛇足と思います。

いやそれにしてもCHN519 (OM-MF519 )のサスペンションの柔らかさを再生する方法としては一つの考え方ですね。

おまけ

オーディオ界の中には周波数特性こそと言う考えがまだまだ主流ですが、音楽の表現で絶対に耳で確認しないといけない特性は音の鮮度とADSRの時間を加えた音楽表現が出来ているかと言う部分は余り主張する方は見受けられません。今回は理論を説明すると面倒なので下のYouTubeで音の違いを実感して下さい。アタック(A)サステイン(S)、リリース(R)がいかに重要かわかります。


Posted by admin on 5月 6th, 2020 :: Filed under 未分類

Duo5Active 出荷前

先月、あるお客様(以下Mさん)がフィディ社試聴室に音確認にこられ、結局NC11MCとDuo5Activeを購入頂きました。有難うございます😢

そのDuo5の正面からのスナップショットが右です。チェリーの無垢材を使用したバッフルは木目が美しいですね。ボディはラウンドのピアノブラック!この塗装は最高級仕上げです。

 

 

下が後ろの姿です。
右のRCAに接続してActiveにスイッチをセットするとアクティブスピーカーとして使用でき、バインディングポストにスピーカーケーブルを指してPassiveにスイッチを倒すと手持ちのアンプで駆動できます。

ちょっと右の写真で、Alpair5のフレームの右下に注目して下さい!MarkのサインしたAlpair5が手元にあったのでついMさんに話してしまい提供する事になりました。
一週間ほど音出しをして調整しましたが、いや本当に細部のディテールが気持ちが良いですね!ディスクリートモノアンプの良さを実感して欲しいと言うのが私の主張です。

そして横にあるのは一緒に購入頂いた手巻きのトランス電源です。本当にここまで音が変わるかと言う位に立体感、艶、楽器の音色ホールの反射音全部変わります。

この電源は商売としては21000円+ケーブルはコスト的にとても厳しいのですが、皆さんに聞いて欲しいと言う気持ちがあって、値段を抑えています。出来ればセットで聞いて欲しい強く思っています。

Mさん、調子はどうですか? 今はStaying home ですよ(国のStay home だと『家にいろ!』って感じで強い感じですね…)このトランジスター超美人Duo5を聴いて音楽を大いに楽しんで、コロナウイルスをやっつけちゃって下さい。ホームページにMJのレポートを載せましたこちらも見てみて下さい。

おまけ

今回からちょっとおまけで10年前投稿したブログから少しずづ面白いものをリンクしておきます。確認したら挿入した写真が消えてしまうのですね。ですのでそれを直してアップデートしながら皆さんに見て欲しいなと思って始めました。

サムジョーンズの紹介です。ピッコロベースの弦が切れるのではないかと言う位ブラックミュージシャンのタッチが楽しめるCDです
http://blog.fidelitatem-sound.jp/?p=4

10年前のマークと松原さんのリアサスペンションの開発等々の打ち合わせです。このお二人全くコミュニケーション出来ないのですが、何だか内容の濃いミーティングになるのは不思議な技術者の世界です。

http://blog.fidelitatem-sound.jp/?p=4

また暇な時に続きを直しておきます。


Posted by admin on 4月 25th, 2020 :: Filed under オーディオ一般,ユニット情報,近況,音楽

危機の時(ブログ番外編)

皆様、COViD19の蔓延が大変な時期になりましたね。

押谷先生をリーダーにした対策実行チームの経験と努力が今の日本を見事にリードしていますね。私な対策チームにはマネージメント力・判断力に強い感謝の気持ちを感じています。

メンバーの表情をテレビで見ているとほとんどまともに寝ていないであろうと思われ、ギリギリの中で待ったなしの決断とドライブする姿は、優秀さだけでなく経験とバランス力にを感じます。

何がおきて、何が危なくて、課題がこれだから日本の文化の中でこの方向が今はベストだと言うこのチームの指針は他の国の状況と比較すればいかにこのチームが日本を守っているかを明確に証明しています。

ニューヨークの日系米国在住のかたの日本批判や、ロンドンの某医者さんの断定的な日本の対策はダメだ発言をNHKが流していましたが、このチームがドライブする収束の方法は裏付けがアップデートされて打数のベクトルら本当に良く考えた指導と私は強く感じています。

とは言え、対して厚生労働省の責任者のリーダーシップの無さは又日本人の情けない現実を感じます。何故このチームがのメンバーが東京都に伝えに向かったかは、経済とのバランスで決断できないトップに、何も言えずに大臣室から戻る大臣の姿が映ってきます。

西村さんの同僚からのアドバイス『一つのデータが国民10万人の命に係わる。その覚悟でやれ』と言う気概で考え抜いて提出した呼びかけを上司がビビッても説得出来なくて何が責任者だと私は勝手に思っています。だから小池さんがやたら目立ったんだよね。

PCRの検査量と医療の体制整備は待ったなしなので、今度はちゃんと対応をお願いしますね!

Duo5Activeの話を予定していましたが、近日中に投稿します。

 

 

 

 

 


Posted by admin on 4月 18th, 2020 :: Filed under 未分類

コロナウイルス騒動の中CHN519 (OM-MF519後継機)日本に到着

 

コロナウイルスの強烈な伝染力に世界中の社会生活、経済活動が振り回されています。そんな中で、広州市にあるMarkaudioのラボは元気に開発・製造を続けています!工場の努力のお陰で先週Markaduioのドライバーの輸入貨物が香港空港に到着しました。今週日本に到着しましたが、なんと航空運賃が平常時の3倍以上です😢

しかし、こうした人々との接触を控える時こそオーディオファイルが音楽を楽しむ時と思い通常と変わらず仕入れました。

今回の仕入れの目玉はCHN519です。(今日ホームページをアップしておきます)また、手巻きトランスのリニア電源(3V-25V2A)も少量ですが(手巻きですので)入荷しています。

是非、Tozzi one Kit /Tozzi one Kit Double Active にの製品を使って組み上げて下さい。新時代の本格的オーデォスピーカーを安価で楽しめます。

 

 

 

 

 

またNature CollectionシリーズにDuo5Active を追加しましたので近日中にご紹介します。

 

 

 

 

 


Posted by admin on 3月 19th, 2020 :: Filed under オーディオ一般,ユニット情報,近況

コイズミイベントにMark Fenlonサイン付きオーディオドライバーを持参します

先月マークの来日時の記念にユニットにサインをもらいました。Alpair5ssとPluvia7HDの2機種にそれぞれ2ペアほどありま。(右の写真はPluvia HD)。

記念ですので少しですが、コイズミ無線での来週のイベントで販売しますので、興味のある方は是非ご来店下さい。


Posted by admin on 2月 21st, 2020 :: Filed under オーディオ一般,ユニット情報

コイズミ無線で2月29日(土)アクティブのイベントを開催します 

来る2月29日(土)13:00よりコイズミ無線でNC_Duo_active
をトランス電源で鳴らしたり、試作のNC7MS_BCherry(仮称)も鳴らします。

先月Mark Fenlonの来日記念 のサイン入りAlpair5ss、Pluvia7HDが数台とってあります。興味のある方が会場にお越しください。

 


Posted by admin on 2月 14th, 2020 :: Filed under オーディオ一般,ユニット情報,近況

2種類のディスクリートアクティブスピーカー と特性トランス電源

今週末のオーディオベースのハイライトです。
先ずは先日ブログで公開したTozzi one Kit Activeです。
そして完成品としてNC5DuoActivie を公開します。

詳細は下のJPEGデータをクリックして下さい。
特に今回はスイッチング電源と手巻きトランス電源との比較試聴を
します。47研究所とMarkaudioのコンビネーションが如何に高いレベルにあるかを是非体験して頂きたい。頑張ればこの値段でこの音が再生できるんだと言う証明です。またこのトランス電源は3V-30VDCを事前に調整可能になっておりアウトプットコネクターを使用した出力ケーブルを自作されればデジタルアンプなどにも使用可能で2万円前後を予定しています。

 

 

 

 

もう1つ忘れてはいけないNC5H_Walnutもまた同じドライバーユニットながらテイストの違う最高の音を再生します。是非ご試聴お願いします。

 


Posted by admin on 1月 29th, 2020 :: Filed under オーディオ一般,ユニット情報,未分類

2020 Tokyo Audiobase に1月31日(金)2月1日(土)に参加します

今年もAudio Base の時期になりました。先ずはスケジュールをご連絡します。

今年は47研とアムトランスと一緒です。神田のホテルマイステイズhttps://www.audiobase.jp/ (神田郵便局の隣、アムトランス本社の隣です)31日は仕事を早く切り上げて会社の人たちを誘って午後の時間を楽しんでください。

ところで、昨日47研のアクティブスピーカー用の手巻きのEIコアリニア電源が送られてきました。昨日は音楽の友社の神楽坂試聴室でTozzi one Kit ダブルアクティブの取材があったのですが、番外編でこの特別な電源とAlpair5v3を使用したNC5Duo Activeを鳴らしたら編集部の皆さんから『スピーカーが消えた』とか最後には『このセット置いていってもらえないかなぁ~』ととても嬉しい反応でした。

両モデルをデモンストレーション致しますので是非ご来場ください。

131       内容
14:00 – 14:50 Tozzi one kit Double Active の試聴
 
15:20 – 1610 シングルサスペンションの音を聴く

NC5Duo Active+トランス電源の試聴

16:40 – 1730 NC5H の新モデル
 
1800 1850 小原or 和田先生 NC11NC10 など
 
1900 – 2000 ニューモデル紹介 

 

21     内容
11:00 – 11:50 和田 or 小原先生 NC10 NC11 NC11_TB
 
12:20 – 1310 Tozzi one Kit Double Active
新製品 Duo Active 試聴
13:40 – 14:20 NC5H と NC10 無垢材の特性
 
1500  1550 47研のレコードプレーヤーを聴く
 
16:20 – 17:00 電源の違いを聴き比べ

 


Posted by admin on 1月 24th, 2020 :: Filed under オーディオ一般,ユニット情報,近況

第10回OM-MF519 自作スピーカーコンテスト1月18日

受賞された皆様おめでとうございます。今年の作品は、参加数は一昨年より少し少なかったですが内容はぐぐっとアップグレードしていました。来る一月18日に神楽坂 音楽の友ホールが開催されます。詳細はここ(神楽坂通信)をクリックしてください。

今回はマークが金曜日に来日します。マークのサイン付きのAlpair5v2SS、Alpair7MSなども展示発売します。また、試作品などアウトレットのNC5、NC7、Tozzi one・Tozzi one Kitも特別割引で販売をしますので是非いらして下さい。

またNCシリーズで使用している無垢材の切り売りの予約販売も行います。(昨年より小さくして購入できるように変更するそうです)

追記:今年のテクニカルマスター、一般部門一位、マークオーディオ賞共に私としても推薦した方々になり嬉しい限りです。

 

 

 

 


Posted by admin on 1月 11th, 2020 :: Filed under オーディオ一般,ユニット情報,近況