fidelitatem sound のオーディオと音楽ブログ
ジャズとオーディオのニッチな世界

新発売!Pluvia Seven PHD レクタングルボイスコイルの新パルプコーン

Alpair6Pと言う名器が製造完了となってからすでに1年以上の歳月が過ちました。イベントなどで何度も『もう作らないのですか?』と言う希望を頂き、何とかしたいのですがと言う思いを込めながら『コーン紙のMOQが最低3000枚ですから・・・・』などと言い訳をいっていました。

そこで、さらに本格的で力強いサウンドをパルプコーンで再現したいと言う想いを、この新製品Pluvia Seven High Defintion にこめて開発し皆様にご提供致します。

 

 

今回のキーワードは新発売のAlpair5v3とPluvia Seven PHDにMAOPに搭載したボイスコイルに使用されている平角純銅線で巻かれたRectangular Voice Coilを搭載して登場です。この平角線(レクタングラー)は巻き数が同等の一般的なコイルに比べて30%ほど磁力内での変換効率がアップします。つまり、同等の機械運動への変換には30%軽くすことができます。これは音響的には純銅の自然な響きを軽量化したボイスコイルに搭載できる事になります。この銅の表現力とレクタングルの軽さ(効率)に起因するなんとも言えない滑らかな音がペーパーコーンで再現されています。

High Definition

Pluvia 7PHDにはAlpair7シリーズに使用しているダブルマグネット、ダンパーフロントサスペンションアコースティックダンパーのデザインを流用しています。実はMAOPが高価な理由は第1がコーン自体を結晶化するために、時間がかかり歩留まりが上がらない事が1つですがこのレクタングラーのコイルのコストが一般のコイルに比べて4倍~5倍する事にあります。そこで、優秀なAlpair7の設計部位を継承して金型のコストをセーブして皆様に売価を値上げせずに提供できるようにしました。この意味で実利の高い製品です。

 

是非ピアノやギターの音の再生音を感じて下さい。

 

T/Sパラメータ

  • Revc=3.50Ohm
  • FS=77.79 Hz
  • Sd= 50 cm
  • Vas=4.49 Ltr
  • Cms=1.27m M/N
  • Mms= 3.29 g
  • BL=2.91 T・M
  • Qms=2.80
  • Qes=0.66
  • Qts= 0.535
  • L1kHz= 0.027mH
  • L10kHz= 0.034 mH
  • No=0.31%
  • SPLo=85.742dB
  • Xmax(1way)4.0-mm
  • Max power handling = 15W (nom)

今年はZonotomeに加えて47Labとコラボレーションです。そして今年もMark Fenlonがやってきます。


Posted by admin on 12月 31st, 2018 :: Filed under オーディオ一般,ユニット情報
You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

Type your comment in the box below: