fidelitatem sound のオーディオと音楽ブログ
ジャズとオーディオのニッチな世界

アイソレーショントランス( ハンドワインディング)

アイソレーショントランスの効用について、ざっくり言えば、マイ電柱に代わるオーディオ機器専用トランスと考えると解りやすいかと思います。

本来100V /60又は50Hz交流電源をベースにオーディオ機器は設計されているわけですが、現実の家庭ではそこに様々なノイズが乗っかります。

電柱に取り付けられたトランスから2次局側で枝分かれして近所の皆さんに配られています。その各家庭(セカンダリがわ)の各家電製品などからで発生するノイズは計り知れず、マイクロウェーブ、PC、テレビ、蛍光灯、様々なノイズがこのお隣さんの間で共有され100℣交流に乗っかって電源部に伝えられます。

アイソレーショントランスは、基本的にはオーディオ用にもう一個トランスを用意してそのノイズを除去しようと言うことです。

フィディリティムサウンドとしては、弊社の真空管アンプの製造をお願いしているTwin AudioのKenneth Wongにアイソレーショントランスをハンドワインディングしてもらいました。

これがそのトランスです。工場での写真ですので230vを100vにステップダウンしていますが日本では100Vインプットです。

(写真もそうですが基本的には例えば集合住宅とか、工場を持っている事務所などは結構入力電圧が95V程度まで落ちることがありますが、周りがあまり使用していないと103V程度まで入力が上がります。)

これがハンドワインディングのEIコアトランスの写真です。
EIコアを出力トランスに採用すると非常にきめ細かいクリアーなサウンドになる傾向がありますが、やはりこのトランスも同じ傾向です。このEIコイルはシリコン含有量が10%以下(H10)、0.3㎜厚の無方向性電磁鋼をEI133と言う十二分に余裕のあるサイズですので低域の薄さなどは全くありません。実際にコイズミ無線さんや私共のスピーカー協力工場(富国木工)など4,5か所でABテストをして見ましたが、ずっとテストしてから元に戻すと、何だかガサガサした平たい音質になり、そのテストに参加した一人は『これだけ違う子の音色を忘れるのにかなり時間がかかるな~』(奥さんに財布のひもを握られていて買えないので…)といっていました。

 

このオレンジの電源コンセントはHUBBELL製の音質に定評のあるコンセントで、Ebeyで見つけることができます。2ソケットで2万5000円(含む送料)です。

 

これだけの内容の製品を10万円前後で販売をしようと考えています。どうでしょうか?


Posted by admin on 11月 21st, 2018 :: Filed under オーディオ一般
You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

Type your comment in the box below: